見る・遊ぶ

USJの秋イベントに「フェスタ・デ・パレード」 キャラクターとステージショー楽しむ新エリアも

ミニオンたちとステージショーを楽しむ新エリア

ミニオンたちとステージショーを楽しむ新エリア

  •  
  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)の秋イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」内で9月7日、昼のメインプログラム「フェスタ・デ・パレード」が始まった。

【動画】「フェスタ・デ・パレード」、「ハッピー・トリック・オア・トリート」

 「世界の仮装フェスティバル」をテーマに、昨年初登場した同パレード。メキシコやアメリカなど、さまざまな国の仮装をしたキャラクターとエンターテイナーがフロートに乗って登場する。今年はパレードに加え、同パークのキャラクターらとステージショーを楽しめる「ミニオン“こわかわ”パーティ・エリア」が新たに登場した。

[広告]

 6日に行われたプレスプレビューでは、総勢約800人の仮装姿の親子ゲストが参加。パレードの到着を待つ間、新エリアでは、吸血鬼やフランケンシュタイン、おおかみ男などに変装したミニオン・モンスターが音楽に合わせて怪盗グルーと共にステージに登場。キャラクターがゲストにダンスの振り付けを伝授するなど、ゲストを巻き込んでダンスを楽しんだ。フロートが到着すると、ステージやフロートからはカラフルな紙吹雪や泡が舞い上がり、会場は大盛り上がりとなった。

 小学生以下を対象とした「ハッピー・トリック・オア・トリート」では、「トリック・オア・トリート」の合言葉を発すると、子どもたちの前に大量のお菓子が出現。音楽に合わせて踊りながら、ミニオン・モンスターらとお菓子のつかみ取りが楽しめる。

 入場料は「1デイ・スタジオ・パス」が大人(12歳以上)=7,900円、子ども(4~11歳)=5,400円、シニア(65歳以上)=7,100円。11月4日まで。

  • はてなブックマークに追加