天気予報

13

6

みん経トピックス

USJのBTFにファン集結舞洲イルミ 光るログハウス

ピーチ、関空に段ボール製チェックイン機 製造コスト5分の1に

ピーチ、関空に段ボール製チェックイン機 製造コスト5分の1に

段ボール製の新自動チェックイン機

写真を拡大 地図を拡大

 Peach Aviation(大阪府泉佐野市)は10月23日、関西空港第2ターミナル国際線に新自動チェックイン機を導入した。

 新自動チェックイン機は、従来比2倍(従来機=15インチ、新型機=32インチ)となる大型モニターを搭載したほか、外装に段ボールを用いたのが特徴。同社によるとチェックイン機に段ボールを使用するのは世界初。同サイズのチェックイン機を製造する際に発生するコストと比較して、約5分の1のコストで製造できるという。

 画面の大型化により、チェックイン機の高さが増したことによるチェックイン機の視認性の向上のほか、チェックインのために列に並んでいる客にパスポートの準備を促すことも可能になったという。従来機では日本語、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語の5言語を任意に選択できるようになっていたが、新型機では予約番号を認識すると予約時の言語が自動で表示される。

グローバルフォトニュース