食べる

弁天町で利き酒会「和酒フェス」 30酒蔵150種の日本酒集まる

昨年11月開催時の様子

昨年11月開催時の様子

  • 7

  •  

 日本酒イベント「第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー」が4月13日・14日、弁天町の大阪ベイタワー(大阪市港区弁天1)2階アトリウムで開催される。

蔵元が直接ちょこに注ぐ

[広告]

 旬の日本酒や食を楽しむイベントとして、毎年春と秋の2回開催する同イベント。今回は、「桜満開!フレッシュな季節のお祝い酒を探そう!新酒、生酒、プレミアム酒で花見酒を楽しもう!」をテーマに、全国30蔵150種類以上の日本酒を130分間飲み比べてもらう。昨年11月に開催した前回は、チケットが前売りで完売する人気ぶりを見せ、2日間で1600人以上が来場したという。

 会場では、入場時に配布するプラスチック製のちょこに、蔵元自らが日本酒を注ぎ提供する。「天領」の「天領酒造」や「美濃紅梅」の「武内酒造」(以上岐阜県)が初出店するほか、「作(ざく)の「清水清三郎商店」(三重県)、「徳正宗」の「萩原酒造」(茨城県)、「歓喜光」の「澤田酒造」(奈良県)などが出店する。

 酒蔵が最適と考える温度で提供する「お燗(かん)酒コーナー」や日本酒に合うメニューをそろえるというフードコーナー、瓶詰めの日本酒販売コーナーなども用意。特設ステージでは、書家・中西咲葉さんや女性3人組の太鼓グループ「和太鼓 心鼓」がライブパフォーマンスを披露する。

 開催時間は、12時~14時10分、15時~17時10分の2部制。定員は各部400人。前売り券の価格は3,300円。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース