見る・遊ぶ

海遊館トレイン内装を一部リニューアル 優しい色彩を意識、客に癒やし提供

内装を一部リニューアルした海遊館トレイン(画像提供:海遊館)

内装を一部リニューアルした海遊館トレイン(画像提供:海遊館)

  • 205

  •  

 海遊館(大阪市港区)と近畿日本鉄道(大阪市天王寺区)が、海遊館開業30周年に合わせて車内外にデザインを施したラッピング電車「海遊館トレイン」が1月14日、内装のデザインを一部リニューアルした。

「海中に差し込む光」デザイン(画像提供:海遊館)

 2020年4月3日から運行している同電車。今回のリニューアルでは、「2021年という新たな年が、少しでも明るい一年になってほしい」という願いから、「ゆらゆら、きらきら」をテーマに設定。優しい色彩を意識して「乗客の心を癒やし、少しでも明るくなっていただきたい」という思いを込めた。

[広告]

 リニューアルしたのは、車内つり部分。シフォン布とパールを使用し、海中に差し込む光を表現したデザインと、偏光スパンコール布を使用し、陽の光に照らされた海面を表現したデザインのほか、外観にも用いられている「宙に浮かぶくす玉」をモチーフにしたデザインと、全3つのデザインを採用した。

 広報の山田樹子さんは「陽の光や海を表現した車内で、少しでも癒やされたり、ほっとしていただけたりするとうれしい」と話す。

 「海遊館トレイン」の運行は9月までを予定。

  • はてなブックマークに追加