食べる

大阪・築港のステーキハウスで「糖質オフコース」 コース全体で糖質24グラム以下

肉を4種のまきで焼き上げる

肉を4種のまきで焼き上げる

  •  

 「AKARENGA STEAK HOUSE(アカレンガ ステーキハウス)」(大阪市港区海岸通2、TEL 06-6573-3100)で「糖質オフ」に注力したコース料理の提供が始まって1カ月がたった。

コース全体の様子

 ハワイにあるステーキハウス「ハイズ」の国内唯一の姉妹店として2014年12月にオープンした同店。1923(大正12)年に建てられた「大阪築港赤レンガ倉庫」をリノベーションしたクラシックカーミュージアム「GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)」の一角に位置する。

[広告]

 同コースは「アヴォガドと甘エビのアミューズ」(糖質量=1.46グラム)「キャベツと豆乳のポタージュ」(糖質量=6.1グラム)のほか、USDAプライムビーフを4種のまきで熾火焼き(おきびやき)にした「プライムフィレステーキ(200グラム)&木の子のオーブン焼き(4.51グラム)」など全7品。「ナチュラルチーズ三種盛り合わせ」は、砂糖や小麦粉を使わない「糖質制限チーズケーキ」(=1.97グラム)への変更にも対応する。糖質制限全体の糖質量は24グラム以下で「ご飯茶わん1杯分の半分の糖質量と同じぐらい」という。

 フロアマネジャーの中川総司さんは「お客さまが年々食事に対してストイックになっているのを感じている。ただ量を減らすのではなく、栄養価や味を保ちながら糖質が制限できるコースを作るため、一から勉強してようやく実現した」と話す。

 営業時間は17時30分~22時30分。コース利用は1人~。前日までに要予約。