食べる

「スターゲイトホテル関西エアポート」が一部営業再開 「謝恩フェア」開催も

一部営業を再開した「スターゲイトホテル関西エアポート」(画像提供:スターゲイトホテル関西エアポート)

一部営業を再開した「スターゲイトホテル関西エアポート」(画像提供:スターゲイトホテル関西エアポート)

  • 11

  •  

 関西国際空港から程近くに位置する「スターゲイトホテル関西エアポート」(泉佐野市りんくう往来北1)が10月1日、一部営業を再開した。

 同ホテルは、2011(平成23)年7月に開業した地上256メートル・54階建ての高層ランドマークタワーホテル。客室数は全358室で、眼下に関西国際空港を望むロケーションが特徴。

[広告]

 今年7月、新型コロナウイルスの影響を受け事業継続の見通しが立たなくなったことから、9月30日に閉館することを発表したが、8月6日にホームページ上でスターゲイトホテル(大阪府泉佐野市)が同ホテル事業を撤退し、スポンサー企業に継承することで営業継続を発表。10月1日に営業を再開した。

 営業再開を記念して、ホテル全体でレストランフェア「謝恩フェア」を開催。対象となるレストランは、54階のレストラン「スターゲイト」、52階日本料理店「有馬」、52階鉄板焼き店「りんくう」。それぞれ「謝恩ブッフェ」や「謝恩個室プラン」「謝恩特典」などの特別プランを用意した。そのほか、対象のレストランで、アルコールを含む対象ドリンクが半額になる「ドリンク半額キャンペーン」なども行う。

 取締役総支配人の灘達矢さんは「営業再開に当たり、大阪コロナ追跡システム・マスク着用・手指の消毒・スタッフ出社時の体温計測・店内の消毒の徹底等の感染予防に最大限取り組みながら、お客さまに安心して利用いただけるよう運営に努めていく」と話す。

 「謝恩フェア」は10月31日まで。営業時間は各レストランで異なる。要予約。