3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「りんくうプレミアム・アウトレット」西日本最大のアウトレットへ 初のグランピング施設も

第5期増設エリアがオープンした「りんくうプレミアム・アウトレット」

第5期増設エリアがオープンした「りんくうプレミアム・アウトレット」

  • 234

  •  

 「りんくうプレミアム・アウトレット」(泉佐野市りんくう往来南3)の第5期増設エリアが8月12日、オープンした。

アウトレット施設初となるグランピング施設を備える

 2000(平成12)年11月に開業し、開業20周年に合わせ第5期増設に着手した同店。新設エリア「シーサイド」エリアは、大阪湾を一望できるエリアの特色を生かした眺望の良さが特徴のエリア。総面積約1万3200平方メートルの店舗に、物販38店(既存エリアからの移転14店舗を含む)、飲食店10店の全48店舗が出店した。第5期増設で、店舗数約250店、店舗面積約5万100平方メートルの西日本最大のアウトレット施設となる。

[広告]

 海沿いには、約2万平方メートルの広大な芝生広場「シーサイドパーク」が登場。アウトレット施設初となるグランピング施設を備える。敷地内には、建築家・隈研吾さんとスノーピーク(新潟県三条市)が共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKO―」を5台設置。海を眺めながらグランピング体験を楽しめるほか、「シーサイドパーク」の特定エリアでは、スノーピークのギアのレンタルたき火などさまざまなアクティビティを楽しめる。

 増設エリア1階は、ラグジュアリーブランド、インポートブランドを中心にラインアップ。「アレキサンダーワン」は、関西アウトレット施設では初出店。「バーバリー」や「エスカーダ」は、関西唯一のアウトレットとして出店した。そのほか「ケンゾー」や「セルジオロッシ」なども。2階は、アウトドアブランドやアスレジャーブランドを中心に構成。関西アウトレット施設初の出店となる「アークテリクス」などがオープンした。

 プレミアム・アウトレット初となる3階建てビルの3階部分には、船をイメージしたフードホール「RINKU DINING(りんくうダイニング)」がオープン。関西アウトレット施設初出店となる、カリフォルニア発のアメリカンチャイニーズレストラン「パンダエクスプレス」や、お茶漬け専門店「こめらく お茶漬けと、いろどり唐揚げ。」などを構える。広大な中庭「シーサイドプラザ」には、軽食やデザートが楽しめる屋外独立飲食店舗「パビリオン」が出店する。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home