3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

此花区と肥後橋のギャラリーが共同で「オンライン展覧会」 トークショーもオンラインで

オンライン展覧会「Online / Contactless」

オンライン展覧会「Online / Contactless」

  • 5

  •  

 オンライン展覧会「Online / Contactless」が5月22日、「the three konohana」(大阪市此花区梅香1)と「Yoshimi Arts」(大阪市西区江戸堀1)2つのギャラリーの共同企画で始まった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、美術業界では展覧会や企画の中断・中止が相次いでいる。同展は、その背景を踏まえ「今後新たなシステムや考え方が広がっていく可能性がある」とし、「この状況下でのルールに振り切った展覧会・企画を経験することで、次の時代のギャラリー・作家の発表の場の在り方に結び付けることができるのでは」と期待を込めて企画した。

[広告]

 会場は「the three konohana」のスペースで、両ギャラリー取り扱い作家5人の作品を展示。実際の展示空間は公開せず、展示を撮影した映像を両ギャラリーのホームページで公開する。同時にユーチューブでも公開し、会期後も継続して視聴できるようにする。現在、国内のギャラリーでは静止画での展示公開が多く、動画を用いて展示を公開する例は珍しいという。作品購入に関する手続きや決済も、全てオンライン・キャッシュレスのみで実施する。

 30日にはオンライントークショーを実施。「コロナの時を経て―ギャラリーと作家、これからのスタンス」と題し、批評家・前田裕哉さんを招き、出品作家やギャラリストがコロナ禍中のそれぞれの動きを振り返り、この先のギャラリーや作家の動きの変化・展望について語り合う予定。会場はZoomミーティングルーム内。参加費は500円。開催時間は19時~21時。

 Yoshimi Arts代表の稲葉征夫さんは「国内外の5作家の作品とトークイベントを、オンラインでお楽しみいただければ」と呼び掛ける。

 5月31日まで。

Stay at Home