見る・遊ぶ

USJのホラーコンテンツ「ストリート・ゾンビ」 今年はゾンビと踊る「ゾンビ・デ・ダンス」も

ゲストと共に踊る「ゾンビ・デ・ダンス」

ゲストと共に踊る「ゾンビ・デ・ダンス」

  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)の秋イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」内で9月8日、夜のメインプログラム「ストリート・ゾンビ」が始まる。

【動画】「ストリート・ゾンビ」、「ゾンビ・デ・ダンス」

 同イベントの中でも好評の「ストリート・ゾンビ」。昨年のゾンビに加え、サーカス団の一員であるピエロの姿をしたゾンビや、凶暴なゴリラゾンビ、長いやりに木でできたよろいやかぶとを身に着けたトライブ・ゾンビのほか、毒まみれの患者ゾンビなど、さまざまな風貌のゾンビが新登場する。

[広告]

 さらに今年は、ゲストがゾンビと一緒に踊る参加型ゾンビ・モブ「ゾンビ・デ・ダンス」が登場。6日に行われたプレスプレビューでは、約100人の招待ゲストが参加。ゾンビの徘徊(はいかい)により、ものものしい空気に包まれたパーク内に、突如ノリの良い音楽が流れ始めると、ゾンビたちが一斉にキレのあるダンスを披露。次第にゾンビは、ゲストをダンスの渦へと巻き込み、一緒になって踊ったりジャンプしたりするなど、パークは最高潮の盛り上がりとなった。

 体験したゲストは「ゾンビと一緒に踊るというありえないシチュエーションが楽しかった。怖いはずが最後は弾けてしまった」と感想を話した。

 入場料は「1デイ・スタジオ・パス」が大人(12歳以上)=7,900円、子ども(4~11歳)=5,400円、シニア(65歳以上)=7,100円。11月4日まで。