見る・遊ぶ

USJの夏イベント「ヘンザップ・サマー」が本格開幕 オリラジ藤森さんも興奮

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー 2018」スペシャルセレモニーの様子(画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー 2018」スペシャルセレモニーの様子(画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)で7月11日、今夏のシーズナル・イベント「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー 2018」のセレモニーが開催された。

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんと、インスタグラムで話題のハーフ美少年・翔くん(画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

 今夏のシーズナル・イベント名「ヘンザップ」は、「みんなで一緒に手をアゲて、自分を解き放とう」という意味を込めた造語。雪と氷を大量に使った「ユニバーサル・サマー・フェスティバル」や、「ワンピース・プレミア・サマー」などのコンテンツを用意する。テーマ曲には、MAN WITH A MISSIONを起用。今回のイベントのために書き下ろした楽曲「2045」は、「ヘンザップ」をテーマに制作したもの。USJの新CMにも起用している。

[広告]

 セレモニーでは、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんと、インスタグラムで話題のハーフ美少年・翔くんが「ヘンザップの先生」として登場。招待された約200人のゲストらと一緒に、藤森さん率いる「大人チーム」と、翔くん率いる「子どもチーム」の2チームに分かれ、「ミニオン・スノー・ファイト」で対決。ウオーターシューターを手に大熱狂の「ヘンザップ体験」に挑戦した。

 ヘンザップ体験を味わった藤森さんは「ストレスいっぱいの大人だからこそ、USJに来てヘンザップするべき。大人も子どもも一緒になって、夏ならではの一体感、開放感、爽快感を味わうことができる。みんなも一緒にレッツヘンザップ!」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

「ユニバーサル・ヘンザップ・サマー 2018」は9月2日まで。