見る・遊ぶ

USJの「エヴァンゲリオン」アトラクション復活 昨年の満足度は99%

「エヴァンゲリオン XRライド」の外観(画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

「エヴァンゲリオン XRライド」の外観(画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)で7月6日、昨年初登場した「エヴァンゲリオン XRライド」が期間限定で復活した。

 昨年、漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ファッションなど日本を代表するエンターテインメント・コンテンツを一堂に集め、「高いクオリティー」で世界観を再現する「ユニバーサル・クールジャパン 2017」のコンテンツの一環で、「エヴァンゲリオン」史上初のライド・アトラクションとして登場した同アトラクション。同施設の調べで、満足度は99%を獲得し、終了後も「また体験したい」「復活を心待ちにしている」といった要望がゲストから寄せられたことから期間限定での復活に至った。

[広告]

 同アトラクションは、スペース・ファンタジー・ザ・ライドで開催。頭にバーチャルリアリティ(VR)技術を活用したヘッドセットを取り付け、ライドに乗車する。360度見渡せる3D映像の中で、巨大な「使徒(しと)」から逃げまどう恐怖と躍動感を体感できるという。

 前回開催時に好評を得た「エヴァンゲリオン初号機ポップコーンバケツ」も再登場する。そのほか、「使徒」から逃げまどうシーンを写真に残せる「エヴァンゲリオン・フォト・オポチュニティ」や、作中の名言がプリントされた「プリントクッキー」といったアイテムも販売する。

 体験時間は約10分。身長制限は122センチ以上。2019年1月6日まで。