見る・遊ぶ

弁天町のホテルで「平成の曲限定」の音楽フェス 平成最後の夏にオールナイトで

イベント「平成ラストサマー」キーヴィジュアル

イベント「平成ラストサマー」キーヴィジュアル

  •  

 大阪・弁天町のホテル「HOTEL SHE, OSAKA」(大阪市港区市岡1、TEL 06-6577-5500)1階ラウンジで8月31日~9月1日の朝にかけて、平成の曲をオールナイトでDJがプレーする音楽フェス「平成ラストサマー」が開催される。

キーヴィジュアルにはモデルのるうこさんを起用

 SNSで「平成最後の夏」という言葉が目立つようになったことから着想を得た今回のイベントは、「平成生まれの、平成生まれによる、平成を愛したすべての人たちにおくる思い出の音楽の宴」をテーマに開催する。

[広告]

 当日流す音楽は、1989年~2018年にリリースされた曲限定。SNSで「#平成ラストサマー」を付けて思い出の曲にエピソードを添えたリクエストを元に、年代で分けてプレーリストを作成。ミレニアル世代のDJが独自のアレンジを加えてオールナイトでプレーする。

 そのほか、京都の芸術レーベル「KESHIKI.JP」とコラボレーションして、1階の客室4部屋を、雑誌・ファッション・子ども部屋(女子・男子)のテーマに分けて「平成を閉じ込めた部屋」にする企画や、エチケットブランド「shy boi」とコラボレーションしたオリジナルグッズの販売なども予定する。

 ホテルプロデューサーの龍崎翔子さんは「『平成の終わり』という、この時代を生きる私たちにとって最大で最後になるかもしれない共通体験を軸に、世代を超えて社会を沸かせた数々のヒット曲や名曲が生まれた平成の音楽シーンを振り返るイベントを通して、刹那的な熱狂を共有できる機会をつくれたら」と意気込む。

 2017年9月1日にオープンした同ホテルは、ゲスト同士の交流を誘発し、地域や文化のメディアとなることをコンセプトにしたホテル。35歳以下のミレニアル世代をターゲットに、「つながり」を意識した「次世代型ソーシャルホテル」として運営している。全客室にレコードを設置しているのも大きな特徴。

 開催時間は18時~翌8時。チケット料金は、宿泊・グッズ付き前売りチケット=3万5,000円(1室2名分)。イベントのみ楽しむプランは、前売り=5,500円で追加販売予定。