天気予報

33

27

みん経トピックス

特集

エリア特集2016-03-18

USJの「やり過ぎ」15周年イベント「RE-BOOOOOOOORN!」の見どころをあますところなくご紹介

  • 0

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで3月18日から始まった開業15周年記念イベント「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」。最新鋭コースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめ、これまでのテーマパークの概念を吹き飛ばす15もの「やり過ぎ」エンターテインメントが登場した。今回の特集では、同イベントの見どころをお届けする。

■フライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」

リ・ボーンの目玉コンテンツという「ザ・フライング・ダイナソー」は、座席型のコースターとは異なり、顔や体が下を向いたうつぶせの姿勢で乗車するアトラクションで、映画「ジュラシック・パーク」に登場する「プテラノドン」に背中をつかまれたゲストが、まるで大空を飛ぶように、眼下に広がる「ジュラシック・パーク」の世界を猛スピードで疾走する。フライング・コースターとしては世界最長のコース全長1124メートル、ファーストドロップは世界最大の高低差の37.8メートルを誇る。

一般的な「つり下げ型」コースター同様、椅子に座る形で乗車するが、スタート時にはそのままの姿勢で座席ごと90度前に倒れ、水平状態となる。ファーストドロップでは地上50メートルの高さから、頭から地面に向けて落下、フライング・コースターではここだけという「520度ロール」「インメルマンターン」のコンビネーション、「プレッツェルロール」と呼ばれるロールのほか、あおむけになったまま宙返り状態で地下の「ダイナソー・ケーブ(恐竜の洞窟)」に突入するなど、常に重力を感じながらあらゆる方向に体が振られる。乗車時間は約3分間、1トレインの定員は32人。

■ユニバーサル・RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パレード」

新しいパレードには、「ここまでやるか!」という「やり過ぎ」演出を盛り込んだ。約1キロのパレードルート上にある4カ所の「熱狂エリア」では、フロートが一旦停止し、ゲストを車道に呼び込んで盛り上がる。 フロートからは大量の「泡」を容赦なくゲストに吹きかけるほか、想像以上の紙吹雪、100人を超えるエンターテイナーのほか、「ミニオン」「エルモ」「スヌーピー」「ハローキティ」などパークの人気キャラクターも登場する。

■ミニオン・テイク・オーバー ~ミニオン乗っ取り大作戦~

ハリウッド・エリアで起こった火災を消化するために、消防士に扮(ふん)したミニオンがはちゃめちゃな想像を繰り広げる「ミニオン・“BEE-DO!”・レスキュー ~ミニオン消化中!~」や、「ミニオン・“BOO-YA!”・リペアー ~ミニオン工事中~」など、いたずら好きなミニオンと出会えるストリート・ショーだ。

■ダイナソー・パニック

リアルサイズの恐竜たちが目に前に登場、リアルなジュラシック・パークの世界に迷い込んだかのような臨場感も味わえる。

■フードもお忘れなく

「やり過ぎ」エンターテインメントで絶叫した後は、腹ごしらえも忘れずに。「ディスカバリー・レストラン」では恐竜の肉や卵をイメージしたフードが登場。写真は「ティラノサウルスの巣プレート」。同レストラン近くのカートで販売する「ダイナソー・ウイング ~チキン~」や、「“RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)!”マーケット」では「ターキーレッグ」を購入しルーレットチャンスで当たりができると、超ビッグサイズ1キロの「やり過ぎターキーレッグ」がもらえる。写真は「ダイナソー・ウイング ~チキン~」と、見た目はホットドッグ、食べればスイーツという「チュリトス・ドッグ」。

グローバルフォトニュース