食べる 見る・遊ぶ 買う

大阪港の複合施設で「第1回 みなとくらしマーケット」 ローカルの良さ発信

過去の開催の様子

過去の開催の様子

  • 41

  •  

 イベント「第1回 みなとくらしマーケット」が9月6日、大阪港の複合施設「KLASI COLLEGE(クラシカレッジ」(大阪市港区築港2)で開催される。

 「暮らしを楽しもう」をテーマに2019(平成31)年4月に始まり、これまで4回開催された同マーケット。これまでのブラッシュアップを行い、より地域と連携して街の活性化を図るため、築港エリアリノベーション協議会とイベント事務局を設立。今後、毎月第1日曜に定期開催するイベントの第1回として開催する。

[広告]

 企画の背景には、コロナ禍で遠出や新しい生活様式が求められる状況から、ローカル店を利用する動きが注目されたことが挙げられる。「『ローカル×リノベーションという暮らし方』の提案とともに、来場者に地元の魅力を再発見してもらうことや、周辺地域の店舗にも新しい取り組みに興味を持ってもらうことが目的」という。

 会場となる「クラシカレッジ」は、築67年のビルを改装したレトロビルで、ショールームや飲食店のほか、家具店、DIY工房など、日常の暮らしを彩るテナントを多く構える。当日は、全18店舗の出店を予定しており、アクセサリーや小物、衣類などの物販店舗のほか、焼き菓子やカレー、クラフトビールなどの飲食店が登場する。そのほか、漢方養生指導士による健康相談などを行うワークショップや、地元の店や人を紹介するフリーペーパー「CHICOBON(チコボン)」を、イベントの開催に合わせ発行する予定。

 企画担当の大野沙耶歌さんは「『くらしを楽しもう!』をテーマに食やモノを大切に作られている、多彩な出店者にクラシカレッジに集合していただき、イベントを盛り上げる。お気軽にお越しいただき、目いっぱいお楽しみ下さい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。