天気予報

12

7

みん経トピックス

特集

エリア特集2016-01-14

「ユニバーサル・クールジャパン」が今年もスタート。
画期的なライド「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」が登場。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで1月15日~6月26日の164日間にわたり開催される期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン2016」。昨年初開催され、来場者が大きく増えたことから、今年もクリスマスシーズン明けのこの時期に開催されることになった。今回の特集では、1月14日に行われたプレス・プレビューの模様をお届けする。

今回の「ユニバーサル・クールジャパン2016」では、昨年に引き続き、日本が誇る4つのエンターテイメントブランド「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」「バイオハザード」「モンスターハンター」に関連するアトラクションが登場するほか、今回新たにクールジャパンの象徴として、「ユニバーサル・クールジャパン2016」特命大使にも任命されたきゃりーぱみゅぱみゅさんのライド・アトラクションが新登場する。

晴れ渡った青空のもと、グラマシーパークで行われたオープニング・セレモニーには、1500人の招待客が見守る中、ポップな袴(はかま)を着た、きゃりーぱみゅぱみゅさんが人力車に乗って登場。午前中にライド・アトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」を試乗したきゃりーぱみゅぱみゅさんは、「ポップでかわいらしいが、いざ乗ってみると結構怖くて、絶叫系が好きな方にはいいと思う。今まで乗ってきたジェットコースターとは全く違う」と興奮気味にコメントした。
「ユニバーサル・クールジャパン2016」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのエントランスを入り向かって左手のハリウッドエリア一体で実施する。初登場となるライド・アトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」は、「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」をリニューアルしたもの。エントランス前やエントランス内には、きゃりーぱみゅぱみゅさんが体現する「KAWAII」世界をポップに表現。
ジェットコースター型のライドに乗車する前に、ゴーグル型の小型モニターを頭に装着するのが特徴で、驚くことにライドの動きに完全にシンクロした映像が映し出される。映像は首の動きに応じて360度見渡すことができ、映像の世界の中に入り込んだ感覚になる。映像にはきゃりーぱみゅぱみゅさん自身が登場するのはもちろん、200メートルの高さから垂直落下したりするなどの体験ができる。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、「ハリー・ポッター」のライド・アトラクション「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」や、「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」などで、3Dメガネを掛けた状態で楽しむライド・アトラクションが登場しているが、それとは全く異なるハイテクを駆使したゴーグル型の小型モニターで、没入感は半端ない。

「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」「バイオハザード」「モンスターハンター」に関連したアトラクションも、昨年よりもパワーアップして登場する。
「シネマ4-Dシアター」で実施する「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D:2.0」は、マリが操るエヴァンゲリオン4号機に乗り込む設定のシアター・ショー。エヴァの目線から使徒との激闘を体感できるもので、可動式の椅子が映像とシンクロして振動したり、戦いの際の血しぶきを再現した水が降りかかるといった演出も刺激的だ。
同じく「シネマ4-Dシアター」で実施するシアター・ショー「進撃の巨人・ザ・リアル2」では、ゲスト自身が立体機動装置で飛び回る設定のオリジナル映像を上映する。ミカサやアルミンたちとともに女型の巨人に挑む。
「進撃の巨人」については、髪の一本一本や肌の質感までリアルに再現したクロノイドのリヴァイ、ミカサ、アルミン、エレンの屋内展示や、昨年も登場し話題になった捕食巨人の撮影スポットと、今年初登場する実物大の壁の巨人も登場する。壁の巨人は時々目が動く演出も。
昨年に引き続き実施されるリアル脱出ゲーム「バイオハザード・ザ・エスケープ2」は、新作が登場。巨大製薬企業の研究棟で、次々と襲いくる恐怖のトラップに新ミッション。仲間と共に謎を解き、脱出を目指そう。入場には別途チケット(3,480円)が必要だ。
「モンスターハンター・ザ・リアル」は、シリーズ最新作「モンスターハンタークロス」の世界観を再現する展示。新登場の二つ名持ちモンスター「黒炎王リオレウス」「金雷公ジンオウガ」の等身大モンスター2体が攻撃を仕掛ける場面を見ることもできる。屋外には等身大の「斬竜ディノバルド」に乗って撮影することができるスポットも。
アトラクションで遊び疲れたら、関連フードも楽しみたい。写真は、「進撃の巨人」の調査兵団の一因になれる「遠征袋 ~サシャが盗んだハムで作ったサンド&芋~」(2,690円)と、「「モンスターハンター」の「ニャンコック料理長のチーズフォンデュまん」(550円)。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、3月31日には開業15周年を迎える。15周年のテーマは「RE-BOOOOOOOORN!さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。」。その第1弾としてフライング・コースターとしては世界最長、世界最大の高低差を誇るライド・アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」がいよいよ登場する。これからもユニバーサル・スタジオ・ジャパンから目が離せない。

グローバルフォトニュース