3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「タグボート大正」が10店舗の飲食メニューを宅配 自宅でフードホールを

尻無川河川敷に位置する「タグボート大正」

尻無川河川敷に位置する「タグボート大正」

  •  
  •  

 複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」(大阪市大正区三軒家西1)は4月15日、同施設のフードホールに参画する10店舗と共同で飲食メニューを宅配する「TTデリバリー」を開始した。

フードホール「新カモメ食堂街」

 大正区と、飲食店などの事業を運営するRETOWN(浪速区)がタッグを組んで、尻無川河川敷に1月18日にオープンした同施設。河川敷を活用し、大正区をはじめとする大阪ベイエリアの活性化に取り組むことが目的で、今後、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまでの定期船の運航や、川辺に浮かぶホテルのオープンも予定する。

[広告]

 新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言を受け、全16店舗の飲食店が入る「フードエリア」のうち、現在、5店舗が休業中。11店舗が時短営業を行っている。このうち、「THE MARKET BENTO」(弁当)、「イチバノチカラ」(海鮮、天ぷら)、「あやばか一代。」(地鶏焼き鳥酒場)、「POTALU」(クラフトポテト)、「アトリエスタ食堂」(ダシとワイン)、「きじむな~の森」(沖縄酒場)、「SEAGULL DINER」(ハンバーガー)、「THE MARKET Sour Lab.」(フルーツサワー)、「KOBE ENISHI」(担担麺)、「笑酔人」(韓国料理)の10店舗の飲食メニュー45種類を宅配する。

 宅配エリアは大正区、西区、浪速区。11時~19時に電話(06-6556-9075)で受け付ける。既存の宅配サービスを使わず独自で宅配するため、手数料、宅配料は無料(注文は1,500円以上)。利用客はフードホールのさまざまなジャンルの食事を1回で注文できることから、2~3店舗のメニューを同時に注文する客が多く、同社では「自宅でフードホールを楽しんで」と呼び掛ける。5月6日まで。

Stay at Home