食べる 暮らす・働く

おばんざい酒場「ナンチャッ亭のエリー」が1周年 大正区の癒やし所に

名物女性店長のエリーさん(中央)と従業員

名物女性店長のエリーさん(中央)と従業員

  •  

 大阪・大正区のおばんざい酒場「ナンチャッ亭のエリー」(大阪市大正区三軒東1、TEL 06-7181-7350)が2月16日、オープン1周年を迎えた。

1周年を迎え、多くの客がお祝いに駆け付けた

 黒髪のおかっぱ頭で、舌を出してはにかむ女の子のイラストが目印の同店は、イラストの女の子とそっくりの店長・エリーさんが切り盛りをするおばんざい酒場。美容部員やネイリストなど職を転々とし、「いつか自分の店を持ちたい」という夢をかなえ、オープンに至った。店内には、女の子のイラストを至る所に飾り、昭和レトロな雰囲気で客を迎える。

[広告]

 目玉メニューはエリーさんがその日の気まぐれで作る「おばんざいメニュー」で、常時8種類を用意。中でも「肉じゃが」「魚の煮付け」が人気で、作った日はすぐに売り切れるという。通常の量は380円で、3種類のおばんざいを少盛りでよそったセットメニューは580円で提供している。そのほか、「ハムカツ」「コーンバター」など約20種類のフードメニューを用意。ドリンクは約40種類。客単価は1,500円。

 店にはエリーさんを目当てに訪れる客も多く、20~80代の幅広い客層が集まる。中には毎日訪れるという人も。15日~17日には1周年を祝してパーティーを開催。15日にお祝いに駆け付けた常連客のげんちゃんは「この店はいつ来ても人がいっぱい。みんなエリーさんの笑顔に癒やされている」と話していた。

 この1年間を振り返り、エリーさんは「楽しい事ばかりではなくつらい事もあったが、全部がいい経験。周りの人への感謝を忘れず、この1年も頑張りたい」と意気込む。

 営業時間は17時~23時30分。火曜定休。