3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

リーベルホテルで初のビアテラス 大阪ベイエリア一望のロケーションで食べ飲み放題

ビアテラスイベント「リバーサイド ビアテラス 2020」

ビアテラスイベント「リバーサイド ビアテラス 2020」

  • 12

  •  

 ビアテラスイベント「リバーサイド ビアテラス 2020」(TEL 06-6462-2222)が7月23日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)オフィシャルホテル「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(桜島1)で始まる。

10種類のスパイスが並ぶ「スパイスバー」

 同ホテル初開催となるビアテラスイベント。大阪ベイエリアを一望できるロケーションを生かした屋外テラスで、120分間食べ飲み放題を楽しめる。席数は、テラス・屋内合わせて260席。1日3組限定でグラスシャンパン・スペシャルアミューズが付く2人掛けのソファシートや、最大8人で利用できるロー対応のカウチソファ席など、客の用途に合わせたシートも用意する(予約優先、別途料金が必要)。宿泊とのセットプランもある。

[広告]

 イベントのテーマは「スパイス&エスニックワールド」。同ホテル名物のロングカウンターに、ブロシェットやトルティーヤ、ナシゴレンなど、色鮮やかなメニューを約30種類そろえる。会場には、ガラムマサラやケイジャンなど、10種類のスパイスをずらりと並べた「スパイスバー」を設置。辛さを抑えたり、限界まで挑戦したりと、自分好みの辛さで料理を楽しめる。3種類の限定メニューと引き換えることができるコインゲームも用意する。

 ドリンクの目玉は、パティシエオリジナルのクリームソーダ。ベースは、レモネード、カムカム、ラムネの3種類から、上にのせるアイスクリームは、バニラ、ストロベリー、ユズ、ミカンの4種類から選べる。果物やリキュールを加えたパティシエ独自のアレンジも可能で、さまざまな組み合わせのクリームソーダを楽しめるのが特徴。そのほか、ビールやカクテル、ノンアルコールカクテルなど約35種類のドリンクを用意する。

 担当者は「辛さを追求できる『スパイスバー』や、カスタマイズできるクリームソーダなど、独自のアレンジを楽しめる仕掛けをたくさん用意している。大阪ベイエリアの夜景を背景に、すてきな夜を過ごしてもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は17時30分~22時。料金は大人=4,800円、小学生=2,400円、4・5歳=1,500円。9月12日まで。

Stay at Home