暮らす・働く

USJ、6月から手荷物検査導入へ 「かばんの底まで」、G20 に向け警備強化

手荷物検査の訓練を行う職員・警察官ら

手荷物検査の訓練を行う職員・警察官ら

  •  
  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)が6月1日から、手荷物検査を導入することを発表した。

 エントランスに設置する検査台で、来場者が持ち込む全ての手荷物・中身・重量を確認する。荷物は、かばんの底まで確認するという。「安全を最優先し、ゲストに安心してパーク内で過ごしてもらいたい」という思いから導入を決めた。危険物や凶器はもちろん、弁当・飲み物などの飲食物や、キャリーバッグなど物品を運ぶようなカートの持ち込みも禁止する。「協力しない場合は入場を断る」とも。

[広告]

 6月28日・29日に「インテックス大阪」で開催されるG20大阪サミットの警備強化のため、同27日~30日の4日間は、パーク内のコインロッカーは全て使用不可にする。27日には、同社会議室で職員と警察官含め約60人が訓練を実施。危険物を持ち込もうとする客を想定した訓練などを行い、パーク内の安心・安全への意識を高めた。

  • はてなブックマークに追加