食べる

天保山に洋食店「ナポリ亭」 昔ながらの定番洋食メニューそろえる

「ナポリ亭」外観

「ナポリ亭」外観

  •  
  •  

 洋食店「ナポリ亭」(TEL 06-6576-5750)が4月25日、大阪港の「天保山マーケットプレース」(大阪市港区海岸通1)2階にオープンした。運営はユニテックス(大阪市中央区)。

昔なつかしい喫茶店の味を追い求めたというナポリタン

 ビルの設備管理をメイン業務とする同社が2月、飲食事業部の立ち上げ1号店として開店した同店。総料理長の大野英輝さんは「内装は温かみのある、下町のナポリをイメージした」と話す。客層は30代~50代が多く、訪日外国人旅行者が6割という。ムスリム向けに豚肉を使わないメニューも用意する。席数はカウンター席6席、テーブル席16席。

[広告]

 人気メニューは、ケチャップとトマトでソースを作り、タマネギや小松菜を入れた「ナポリタン」(600円)。山倉正成(まさしげ)店長は「栄養をとってほしいから青菜をたっぷり入れている。麺の量も220グラムなので他社と比べてボリュームがあるのでは」と自信をみせる。150円追加でラージサイズ(麺330グラム)への変更にも対応する。単品メニューは、「トンカツ」(300円)、「ジャンボソーセージ」(200円)、「目玉焼き」(100円)など、子どもに人気のメニューをそろえた。

 デザートは、バニラ、チョコ、抹茶、黒ゴマ、など6種類から選べる「ソフトクリーム」(320円)、ミニパンケーキとアイスクリームをセットにした「パンケーキ アンド アイスクリーム」(450円)など。

 山倉さんは「今後メニューを変えたりして、カップルなど若い世代にもナポリタンをもっと食べてもらいたい」と話す。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加