見る・遊ぶ

大阪港で「夕陽レストラン」 ウッドデッキの会場では、最後の開催に

イベントのチラシ

イベントのチラシ

  • 56

  •  

 「大阪港中央突堤」(大阪市港区海岸通1)で9月29日、ご飯を持ち寄って夕日を楽しむピクニックイベント「大阪港夕陽(ゆうひ)レストラン」が開かれる。

 フランス発祥のシークレットパーティー「ディネ・アン・ブラン」を模して、2015年から夏と秋に開催されている同イベント。会場となっている「大阪港中央突堤」のウッドデッキが老朽化のためはがされることから、今回がウッドデッキ会場での最後の開催となる。同イベント事務局の徳山理沙さんは「海につながるように直線が伸びる開放的なウッドデッキから見る夕陽を、多くの人に知ってもらいたいと思って始めた。改装は残念だが、多くの人に無くなる前に知ってもらいたい」と話す。

[広告]

 ルールは「ご飯を持って来る」「時間ぴったりに来る」「白い服でキメる」の3つ。白い風船や花などの装飾品も使い、ウッドデッキの会場が真っ白に染まる様子を楽しむことができる。参加費は500円。近隣のレストランで特製弁当のテークアウト(1,000円~)も用意する。定員は140人(テーブル椅子持ち込み=60人、テーブル椅子レンタル=80人)で、要予約。若手ジャズバンド「KING COLUMBIA」所属の青井丈治さんと岡内健さんも登場し、生演奏を披露する。

 今後も同イベントは継続予定。徳山さんは「ウッドデッキにさようならの意味をこめた催しも企画中。イベントには参加できなくても、ウッドデッキのあるうちに見にきてもらえたら。」と話す。

 開催時間は17時~19時。予約は9月1日から。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home