天気予報

17

13

みん経トピックス

天保山に京都の和カフェ南港で抹茶ビュッフェ

此花区のパン店におばけパン 「かわいい」と地元住民に好評

此花区のパン店におばけパン 「かわいい」と地元住民に好評

チョコレートでコーティングしたおばけパン

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・此花区にあるパン店「Pu Pu Pu Petit a Petit(プププ プティッタプティ)」(大阪市此花区伝法6、TEL 06-7506-8603)で現在、おばけパンをメインとしたハロウィーンメニューを販売している。

「Pu Pu Pu Petit a Petit」のスタッフさんら

 今年6月にオープンした同店。オーナーは、「フランスパンが大好き」という古川誠子さん。パン店で働くなどの修業を積み、オープンに至ったという。店名の「Petit a Petit」は、フランス語で「一歩ずつ、少しずつ」の意味で、「少しずつ成長していきたい」という気持ちを込めた。「Pu Pu Pu」は笑い声をイメージしたもの。誠子さんの母親や妹の純子さんも店を手伝う。

 同店ではハロウィーンメニューとして、チョコレートでコーティングし、中にクリームを入れたおばけパン(183円)をメインに、かぼちゃのパウンドケーキ(194円)やハロウィーン仕様の手作りクッキーなど約5種類を販売する。純子さんは「住宅街の中にあるので、お子さまのいる家庭に買ってもらうことが多い。『かわいい』と評判」と話す。

 そのほか、スイーツ系や総菜系など常時約30~40種類のパンを販売する。同店「一押し」メニューは国産小麦100%の食パン。ドリンクには、コーヒーや自家製ジンジャーエールなど約15種類を用意する。

 約25坪の店内は白を基調としたウッド調の内装で、「フランスのアンティーク感をイメージした」という。「お客さまとコミュニケーションが取れるように」と、奥にはオープンキッチンを設けた。店内にはカフェスペース6席と店外にテラス席4席を設ける。純子さんは「まだまだオープンしたばかり。地元の人にたくさん知ってもらって、気軽に立ち寄っていただけるような店にしたい」と意気込む。

 営業時間は7時~18時30分(土曜・日曜は18時まで)。月曜と第2・4火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング