3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

環境面からアプローチし、社会問題解決に取り組む高品質オーガニックブランド「リンネオーガニクス」が作る天然染めリネンエコバッグを販売開始

リリース発行企業:株式会社ヒューマンフォーラム

情報提供:

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区 代表取締役会長:出路雅明)が運営する「 USEDを拡張する進化型古着屋 "森"」にて、カンボジアを拠点としてオーガニック?料品を制作しているスレッド・アンド・コー株式会社 (本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:大束?義)が制作した、オーガニックリネン100%の「究極の軽ふわオーガニックエコバッグ」を今回新たに発売いたします。





リネン100%「究極の軽ふわオーガニックエコバッグ」
7月1日より全国一律でレジ袋が有料化し、ますますエコバッグの必要性が高まる中、「高品質でデザイン性が高く、長く使用できるものが欲しい」との要望を多くいただいていました。

その声を受け、USEDを拡張する進化型古着屋“森”ではリンネオーガニクスが生産する軽くて丈夫で長持ちするリネン100%のエコバッグを販売いたします。

LinneOrganicsは、「生態系を紡ぐ」という製品コンセプトのもと、天然素材の機能性と肌触りに特化したオーガニックブランドです。

?類の使途により、最適な天然繊維の組み合わせの生地を探求・提案し、常にものづくりの上流を追うことに価値を見出しています。
品質は日本の品質基準をクリアしており、また現地の職人技術を最大限活用。できる限り、原産地や生産背景を公開することを行い、第三者機関による証明の取得もしています。
現在さまざまな社会問題があるなか、環境からアプローチして持続可能な社会づくりに貢献しているブランドです。
リネンは独特のしなやかさがあり、使い込むことで柔らかみも出るので、少しずつ変化する質感をお楽しみいただけます。
水に濡れて強度が増すので、洗濯しても傷みにくく、気軽に何度も洗えます。また、乾きも早いので雑菌が繁殖しにくく、清潔に使うことができます。良いものを大事に長く使いたい方へ、リネンはエコバッグに最適な素材です。
デザインについては、リネン本来の生地強度をいかすため、バッグのマチ(底)、本体と取っ手の繋ぎ目に縫製部分を作らず、地続きのパターンを贅沢に採用しました。
使わない時は小さく畳んで付属の内ポケットにしまえるので、持ち運びにも便利です。中にものを入れると自然とマチが出てくる設計なので、中?はしっかり入り、容量も大きめなので日々の買い物に活用していただけます。


リネンの物性については、世界最大規模の検査機関SGSより認証を取得してます。
同ブランド従来製品と同様、最高の品質を維持しつつ、可能な限り手にとっていただきやすい価格を実現しました。


・100%天然染め

カンボジアの植物から採れる樹?や葉などを用いた天然染めにより、今回バッグを制作いたしました。

カラーバリエーションはライトブラウン・グレー・ダークミントの3?で、それぞれココヤシの?、アーモンドの葉、ガンボージの樹?を使って染?しました。天然の植物のためそれぞれに個性があり、思いもよらない絶妙な?合いが生まれたりすることがあります。1枚1枚異なる、その自然な?合いは化学染料では決して表現できないものです。使用後の原料は土に還り、それが堆肥となって新たな植物を育てます。Linne Organicsは、この循環型生産サイクルを徹底したものづくりを行なっており、カラーマスクではその真髄を感じていただけます。


【商品規格】
生地素材:リネン100%
本体サイズ:約41cm(縦)×45cm(横)
ショルダーサイズ:約50cm
生地仕立て:インド
縫製:カンボジア

【価格(税抜)】
・究極の軽ふわオーガニックエコバッグ
無染? 2,680円
カラー(ライトブラウン、グレー、ダークミント)各2,725円
【販売ページ】
https://mori-store.net/news/5f0581064adba018eae3c36f


【会社情報】
・株式会社ヒューマンフォーラム 「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」
(代表取締役:出路雅明/京都市中京区)
(HP)https://mori.market/
(WEB SHOP)https://mori-store.net/

・スレッド・アンド・コー株式会社 (Thread & Co., Inc.)
(代表取締役 大束 竜義/東京都千代田区/カンボジア)
https://www.threadandco.net/linneorganics/

・総代理店:株式会社ジェイノベーション
(代表取締役:宮城建司/大阪府大阪市平野区/マレーシア)
https://www.jinnovation.jp

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home