食べる

大阪のハイアットでストロベリーアフタヌーンティー 人気品種のイチゴ食べ比べも

ストロベリーアフタヌーンティーセット「Strawberry Voyage」イメージ

ストロベリーアフタヌーンティーセット「Strawberry Voyage」イメージ

  • 3

  •  

 ハイアットリージェンシー大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1)の1階「ロビーラウンジ」(TEL 06-6612-1234)で3月13日から、アフタヌーンティースタイルでイチゴのスイーツを楽しめる「Strawberry Voyage」が、土曜・日曜・祝日限定で始まる。

人気品種のイチゴ食べ比べを楽しめる

 3段スタンドのアフタヌーンティースタイルで、イチゴスイーツを中心に提供する同イベント。「自由に旅ができた日常を取り戻せるように」という思いを込めて「Strawberry Voyage」と題して展開する。

[広告]

 メニューは、「ストロベリーシュークリーム」や、「ホワイトストロベリーロールケーキ」のほか、「フロマージュブラン ストロベリーコンポート」などのイチゴスイーツを用意。下段に設けるセイボリーメニューは「リーキとホウレン草のキッシュ」「チキンのラップンロール」などを用意する。

 スタンドメニューのほか、淡雪、さくらもも、古都華、黒酢ゆめのか、いちごさん、あすかルビーの人気ブランド6種のイチゴの食べ比べも楽しめる。メインのスイーツプレートは、シェフが目の前で焦げ目を付けて仕上げる「シグニチャー ア・ラ・ミニッツ」の「ベイクドアラスカ」を提供する。

 紅茶は、ドイツの老舗紅茶ブランド「ロンネフェルト」から、同イベントのために15種類の茶葉を用意。期間限定でテーマに合わせた「グリーンルイボス・ストロベリークリーム」や、「ストロベリーフィールド」もラインアップする。ペストリーシェフの大内浩司さんは「お代わり自由なので自分好みの紅茶をぜひ見つけて」と呼び掛ける。バーカウンターでは、フルーツやハーブを好みで紅茶に加えて、オリジナルティーを作ることができる。

 大内さんは「日本各地のイチゴや世界のスイーツを通じて、おいしいイチゴの旅をお楽しみいただけたら」と話す。

 営業時間は、13時~14時30分、15時~17時の2部制。利用料は、大人=4,000円。6歳~12歳=2,000円。要予約。5月5日まで。

  • はてなブックマークに追加