見る・遊ぶ

南港で「ティラノサウルス展」来夏開催へ 日本初公開含む5体の全身復元骨格展示

「ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~」復元画:月本佳代美

「ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~」復元画:月本佳代美

  • 7

  •  

 「ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~」が2021年7月17日~9月5日、大阪・南港のATC(大阪市住之江区南港北2)「ATCホール」で開催される。

ネイキッド初の大型恐竜コンテンツも©NAKED, INC.

 ティラノサウルスの全身復元骨格5体が集結する同イベント。目玉は、2007(平成19)年にアメリカで発見された、日本初公開の標本となるティラノサウルス(愛称:アイヴァン)で、獲物のエドモントサウルスに襲い掛かる様子を復元して展示するという。会場では、骨格に残った傷の状態や、うろこ状の皮膚など、これまでに発見された化石が持つ特徴を通して、推定される年齢や性別、発掘と研究の歴史まで、さまざまな角度からティラノサウルスを紹介する。

[広告]

 クリエイティブカンパニー・ネイキッド(東京都渋谷区)が、同展用に「恐竜」をテーマにした初の大型コンテンツを制作。白亜紀後期の北アメリカ大陸を舞台に、ティラノサウルスが目の前によみがえる体験を、幻想的な映像と音で演出する予定。

 そのほか、関連する大型肉食恐竜の標本や、ティラノサウルスと戦いを繰り広げていたとされるトリケラトプスのロボットなども展示し、恐竜時代をひもとく会場構成を予定している。

 休館日やチケット発売日、入場料金などは4月中旬ごろに公式ホームページなどで告知予定。

  • はてなブックマークに追加