見る・遊ぶ

弁天町に一棟貸切宿「今昔荘」 ひのき風呂にプロジェクションマッピング投影も

ひのき風呂にはプロジェクションマッピング投影も

ひのき風呂にはプロジェクションマッピング投影も

  • 60

  •  

 一棟貸切宿「今昔荘 弁天町 大阪ベイ」(大阪市港区市岡元町3、TEL 06-4301-7791)が10月19日、開業した。運営はファンバウンド(滋賀県)。

枯山水で河の流れを表現した

 「今昔荘」は、「地元の歴史を落とし込みつつ、最新の設備で快適に過ごしてほしい」という思いで命名した一棟貸切宿。2018(平成30)年6月、大阪・道頓堀に1棟目をオープンし、今回で4棟目となる。築66年の民家を改装した宿は2階建てで、面積は約80平方メートル。最大10人まで宿泊可能。

[広告]

 宿は、弁天町の地名の由来で知られている、河の神「弁財天」をコンセプトに運営。半露天風呂のひのき風呂には、プロジェクションマッピング機能を搭載し、水面に魚が泳いだり、花火が上がったりと、非日常的な入浴時間を演出。リビングの床は、枯山水により河の流れを表現するなど、水にまつわる仕掛けを多く施した。

 海遊館や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの大型エンターテインメント施設が立ち並ぶ大阪ベイエリアの特徴に合わせ、ターゲットはファミリーに据える。1階中央に配置する長テーブルは、「子どもと親、それぞれの時間を過ごせるように」と扉で仕切りを備え、リビングに二面性を持たせる気配りも。滞在中に楽しめるテレビゲームやホームシアターも完備。ベッドルームを備える2階には、大阪地域にまつわる書籍も置く。そのほか、長期滞在客向けに洗濯機なども配置する。

 大門拓童社長は「昼間はアミューズメントで、夜は当宿で楽しく過ごしてもらえたら」と呼び掛ける。

 チェックインは15時~、チェックアウトは10時。予約は、ホームページまたは各種宿泊予約サイトからで、料金は時期によって異なる。

  • はてなブックマークに追加