見る・遊ぶ

USJに大泉洋さんらサプライズ登場 映画「グリンチ」公開記念イベントも

会場一面がグリンチ色に

会場一面がグリンチ色に

  •  
  •  

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2)で11月16日、映画「グリンチ」の公開記念イベント「スペシャル・“グリンチマス”・パーティ at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が行われ、俳優の大泉洋さんと横溝菜帆さんが登場した。

イベントに登場した大泉洋さん、横溝菜帆さん、ベイビーグリンチ

 12月14日公開の同作品は、「怪盗グルー」シリーズで人気のキャラクター「ミニオン」を生み出した「イルミネーション・エンターテインメント」が手掛けた最新作。日本語吹き替え版では、クリスマスが嫌いな主人公「グリンチ」役を大泉洋さん、クリスマスを心待ちにしている少女「シンディ・ルー」役を横溝菜帆さんが、それぞれ演じる。

[広告]

 16日のイベントでは、ミニオンカラーの「イエロー」で装飾された「ミニオン・パーク」で横溝菜帆さんがクリスマス衣装に身を包んだミニオンらとダンスを楽しむ中、緑色の衣装を着た大泉洋さんとベイビーグリンチがサプライズで登場。横溝さんに「クリスマスを一緒に楽しもう」と誘われると、大泉さんは「『イエロー・クリスマス』をグリンチ流にアレンジした『グリンチマス』にする」と宣言。大泉さんの「メリーグリンチマス」の掛け声を合図に、会場には緑の風船やパフボール、紙ふぶきなどが空中を舞い、一面がグリンチ色の「グリーン」となった。

 大泉さんは「期間中、ベイビーグリンチが毎日パークに登場する。ここでしか会えないので、他の所で見かけたら怒鳴りつけてやって」と話し、ゲストの笑いを誘った。クリスマスの思い出について、大泉さんは「今は家族ができて、娘と楽しく過ごしている。子どもの頃は、グリンチ並みにクリスマスはいらないと思っていた。彼女がいない時期は地獄」と当時を振り返る一方、横溝さんが「去年、おばあちゃんにコートをもらった」とほっこりエピソードを披露。ゲストに向けて大泉さんは「USJには楽しいクリスマスが待っている。ぜひベイビーグリンチと遊んで」と来場を呼び掛けた。

  • はてなブックマークに追加