天気予報

12

6

みん経トピックス

大阪南港で鋼の錬金術師展USJでミニオン冬パレード

大阪・北加賀屋で「すみのえアート・ビート」 高さ9.5メートルの巨大なあひる登場

大阪・北加賀屋で「すみのえアート・ビート」 高さ9.5メートルの巨大なあひる登場

同イベントのチラシ

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・北加賀屋の「クリエイティブセンター大阪」(大阪市住之江区北加賀屋4)で11月12日、アートをテーマにしたイベント「すみのえアート・ビート」が開催される。

 2013年から開かれている同イベントは今年で5回目。毎年約7000人が訪れ、北加賀屋住之江区役所の魅力発信担当課長の高田智子さんによると「アートの街である北加賀屋のことを丸ごと知ってもらえるイベントとなっている」という。

 会場の目玉となるのは、オランダ人のアーティスト、フロレンタイン・ホフマンさんが北加賀屋で制作を行った高さ9.5メートルの黄色いアヒル「ラバー・ダック」。街中を舞台にしたパブリックアートとして世界中の地域を巡っており、同イベントには毎年登場している。北加賀屋のアート作品やギャラリーを巡って、手のひらサイズの「ラバー・ダック」を探してスタンプを集める「アヒルちゃん  meets アート スタンプラリー」も行う。

 ボランティアによるガイドで同施設を巡り、北加賀屋が舞台の短編映画「造船所通り」の上映を楽しむ「造船所跡地ウォーク&ウォッチ」や、関西を拠点に活動する「関西レジデンス組合」の若手アーティスト6人が、会場の約480平方メートルのスペースで大型作品を展示する「アーティスト ポート」も行う。

 そのほか、飲食店5店舗がそれぞれ「住之江名物」にふさわしいオリジナルメニューを提案する「すみしゅらん」や、地元の食材を使用したフードブースや北加賀屋のアーティストによるワークショップなどを行う「北加賀屋みんなのうえん祭」も行う。

 開催時間は11時~16時。入場無料。雨天決行。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング