プレスリリース

大阪に工場がある業者に特化した修理を行う「カーテクノジャパンアシスト(株)」は先進安全自動車の車検・整備・鈑金・塗装修理をワンストップでお任せいただけるエーミング工場作業です。

リリース発行企業:Car Techno Japan Assist株式会社

情報提供:

近年、自動車業界は100年に一度の大変革時代に入っています。 エーミングは、レーダーセンサーや音波センサーがついた外装類の脱着、カメラがついたフロントガラスの交換などのほか、フレーム修正を伴う板金塗装などを実施した際、先進安全装置を正しく作動させるために行う校正作業のことです。国交省はすでに、センサーやカメラなど検知システムの交換や修理などの作業を分解整備と位置付け、これらの作業を実施できるのは認証事業者に限る方向で検討を始めています。新たにエーミング作業も分解整備の定義に加えることで、安全性確保をより確実なものにする考えです。




ASV技術を搭載した自動車の車検・整備・鈑金・塗装はエーミング設備なしでは完成しません!
そもそもASV(先進安全自動車)とは?
「衝突被害軽減ブレーキ」「ふらつき注意乾季装置」などドライバーの安全や快適性をサポートする技術が搭載された車のことです。
近年では高級車にとどまらず、軽自動車にも標準装備されるようになってきました。
センサーがフロントガラスに設置された車両、フロントバンパーに設置された車両などメーカーや車種によっても多種多様です。
ASV搭載の自動車はこれまでの修理技術に加え、正確に修理できたか判断するための校正が必要となります。
それが「エーミング」になります。
ASVを司るセンサーは正しく機能し、正確な位置を示す必要があります。
センサーが誤作動(不良)や間違った位置(向き)に取付られることで、正しく機能しなくなります。
当社では、お客様が修理した後も安心して快適なカーライフを送っていいただけるよう本年度よりエーミングができる設備を配備し、稼働しています。

自動車業界は今年、大きな転換期を迎えている。すでに4月には道路運送車両法が改正され、先進安全自動車の進化を見据えた「特定整備」制度がスタートし、自動車整備のあり方そのものが大きく変わろうとしている。また、2024年度には「OBD(車載式故障診断装置)車検」も始まるなど、電子的な整備が必須となる。

これら業界の再編の流れに即した自動車業界としての社会貢献を果たしていきます。

会社概要
カーテクノジャパンアシスト株式会社
代表取締役 片山昌志
〒538-0053 大阪市鶴見区鶴見1丁目6-9
TEL.06-6913-8411 FAX.06-6913-8414
info@car-conveni.co.jp
https://www.car-conveni.co.jp/

  • はてなブックマークに追加