天気予報

30

17

みん経トピックス

大阪港の空に海の生き物舞う南港で「食品サンプル展」

北加賀屋で日本最大級の「人狼ゲーム」イベント 好評を受け、今年は2日間に

北加賀屋で日本最大級の「人狼ゲーム」イベント 好評を受け、今年は2日間に

過去開催の様子

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・北加賀屋のアート複合スペース「クリエイティブセンター大阪」(大阪市住之江区北加賀屋4)で5月3日・4日、日本最大級の人狼(じんろう)ゲームイベント「人狼文化祭」が開催される。

大人数で実施するブースも

 関西在住の人狼ゲーム好きが集まった「人狼文化祭企画局」が企画・運営する同イベント。2014年から毎年開催しており、今年で5年目。昨年は、イベント当日までに定員の600人を超えたため、早々に募集を締め切るほどの好評ぶりだった。今回は「より多くの人にも楽しんでいただけたら」という思いから2日間の開催に至ったという。

 会場は2フロア構成で、広さ1500平方メートル。北海道から九州までの人狼ゲーム好き全39団体が集まり、人狼ゲームが楽しめる「人狼プレイブース」や人狼ゲームに関するグッズを販売する「物販ブース」などを2日間にわたって約50ブース設置する。初心者向けの簡単なものから、上級者向けの複雑なものまで幅広い設定を用意する。

 今回は有名人狼プレーヤーとして知られる古川洋平さんを招待し、一緒にプレーを楽しめるブースも用意。昨年に続き、全国からよりすぐりのプレーヤーを集めて行う「選抜人狼」も実施する予定だという。

 料金は前売りが1日券=1,800円、両日券=3,200円、当日が1日券=2,000円。

 人狼文化祭企画局のかのきちさんは「皆さまに人狼ゲームを体験してほしい。全国各地の人狼好きの方と共に大阪でお待ちしている」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は3日=12時30分~20時、4日=10時30分~18時。受け付けは30分前から。

グローバルフォトニュース