天気予報

17

13

みん経トピックス

天保山で「ゴルゴ13」展南港で「カニビュッフェ」

天保山噴水ライトアップがリニューアル 4色から1670万色に

天保山噴水ライトアップがリニューアル 4色から1670万色に

秋カラーの噴水ライトアップと大観覧車

写真を拡大 地図を拡大

 天保山ハーバービレッジ(大阪市港区海岸通1、TEL 06-6576-6222)噴水広場のライトアップが10月5日、リニューアルした。

海遊館をイメージした青のライトアップ

 天保山大観覧車に隣接する4つの噴水と10基のアート作品「ウィンド・スカルプチャー」をライトアップする同企画。紫やオレンジなど、秋をイメージした色や、海遊館外観を思わせる赤と青などを、大観覧車と合わせて演出する。ライトアップのリニューアルは海遊館開館以来今回が初めて。

 季節に合わせ、テーマを設けて演出するライトアップは、春=ピンクの桜の花びら、初夏=緑のみずみずしい若葉、盛夏=さわやかな青い水の流れ、秋=舞い散る赤や黄色の紅葉、冬=パステル調のイルミネーションなど。

 海遊館広報担当者の松元愛さんは「ハロゲン式ライトからLED式ライトへ変更した。これにより4色から最大1670万色の発色が可能になり、これまで以上に豊かな表現ができる。夜の新名所となれば」と話す。

 点灯時間は17時~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング