プレスリリース

「クラピア(R)K7」を用いた緑化・防草工法の販売促進

リリース発行企業:株式会社コウワ

情報提供:

株式会社コウワ(本社:大阪市福島区、代表取締役:原千馬)は、株式会社グリーンプロデュース(本社:栃木県小山市、代表取締役:大出武久)が開発生産を行っている日本由来のイワダレソウを品種改良したグランドカバー植物「クラピア(R)」を用いた緑化・防草工法の取り扱いを2020年9月18日より開始します。


〇クラピアとは
「クラピア(R)」は、雑草研究における日本の第一人者宇都宮大学の故倉持仁志講師が、国内に自生するイワダレソウを10余年の歳月をかけて生み出した緑化(グランドカバー)植物で、株式会社グリーンプロデュースが種苗登録を行い、生産しています。
「クラピア(R)K7」は、S1から選抜した品種であり、S1より優れた特性を持ちます。S1より耐寒性に優れ、葉の色が濃く、より美しい造園の景観を実現できます。耐病性に優れ、高温多雨条件や湿潤土壌条件が重なる場合にS1が罹病することがあった病気にかかり難くなりました。


クラピアK7

〇クラピア(R)の特徴
1.雑草低減 
地表面を緻密に覆うことで雑草種子の侵入を低減することが期待されます。

2.維持管理コストの低減 
クラピア(R)は、ほふく性で横に広がる性質のため芝生よりも定期的な刈込を低減できます。

3.土壌流出防止
クラピア(R)の根は土壌深く張り、根の量が多いことが特徴です。この根が地下深くまで伸ばすことで土壌をしっかりおさえ、土壌流出を防止します。



4.繁殖スピード
繁殖するスピードが速く、芝生の約10倍の速度で広がり地表面を覆います。

5.耐塩性
クラピア原種は海岸沿いで育成し、元々耐塩の高い特性を有しています。
 (写真 左:耐アルカリ性(pH12)、右:耐塩性(EC10 塩濃度0.7%)での生育状況)
〇NETIS登録 クラピア(R)+防草シート併用工法(KT-180147-A)の販売を促進
シートを併用することで、雑草発生を抑制しながらクラピア(R)を繁茂させる工法です。クラピアの直植えでも雑草抑制効果はありますが、土中にある雑草種子はいずれ発芽してしまい雑草処理が必要になります。シートに植え穴を開けるため、そこからの雑草発生が一部ありますが、直植えに比べ各段に雑草処理の手間が軽減されます。

〇設計価格
◆クラピア(R)K7
本州・四国:500円/ポット  九州:504円  沖縄:532円 (消費税別途、離島は別途見積)
箱入り数:40ポット/箱 出荷単位:1箱以上

◆クラピアマルチシート 
380円/平方メートル (消費税別途、沖縄、離島は別途見積)

〇会社概要
会社名:株式会社コウワ
所在地:大阪市福島区海老江6丁目1番22号
代表者:代表取締役 原 千馬
設立:1975年5月
URL:http://www.kk-kouwa.jp/
事業内容:クラピア、建築副資材の販売、および、店舗内装・リフォーム・防水・建築工事

〇お客様からのお問い合わせ先
TEL:06-6452-1461(月~金 9:00~18:00 祝日は除く)
e-mail:osaka@kk-kouwa.jp

〇「クラピア(R)」の生産・卸販売元
会社名:株式会社グリーンプロデュース
事業内容:.緑化植物イワダレソウ改良種「クラピア(R)」の生産・卸販売、クラピアを用いた環境緑化技術の研究・開発
http://greenproduce.co.jp/index.php

※本リリースの写真、画像は全て株式会社グリーンプロデュースの提供です。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home